この記事は約 6 分で読めます

タニタの体重計壊れたのでスマホ連動体組成計で健康管理スタートです

タニタの体組成計が壊れて、以前使っていたアナログの体重計を使っていましたが、やっぱりなんか物足りなくて、新しい体組成計を買いました。

 

しかもスマホと連動してデータが取れる体組成計♪

 

スマホにデータ保存でき、体重やBMI、肥満率をグラフ化してみると、意外に楽しいです。

 

時間が空いたときに自分の体のデータをスマホでチェックしています。

スポンサーリンク

タニタの体重計がついに壊れた。

ちょっと前からタニタの体重計の表示がおかしくなってきていたので、そろそろ寿命なのかなとは思っていました。だって購入してから10年近く使いましたから。

 

使っていたのは体重計というか筋肉量とか体脂肪率まで測定できる体組成計だったけど、なんか乗るたびに表示が変わって「本当にこれ合っているの??」って怪しく感じていました。

 

体重も乗りなおしても1キロくらい結果が変わるし( ゚Д゚)

 

なんか微妙だなーって思っていた矢先に、ついに表示しなくなりました。

 

電池切れなのかと思って新品の電池に交換したけど、やっぱり全く表示しないので壊れたと判断しました。

 

しょうがないのでかなり昔に使っていたアナログの体重計を使ってました。

 

アナログ体重計

 

アナログの体重計って載ったまま下を見て確認しないとだめなので、目が良くないと見えません。

 

体重何キロなのかよく見えないんです(*_*)

 

50代になると目も悪くなってきて不便です。

 

それに本当にこの体重であっているのか?体重以外の脂肪量とか皮下脂肪率かも知りたいじゃん。

 

やっぱり新しい体組成計を買おうかなと思い始めました。

 

スマホで管理できる体組成計を買いました。

ちょうどdポイントの期間・用途限定ポイントが3,000ポイント貯まっていたので、3,000円くらいの体組成計を探してみたら、通販だと結構ヒットしますね。

 

国産のオムロンやタニタは安くても1万円前後するし、スマホとの同期が口コミでは評判悪いので国産にこだわらない3,000円前後の体組成計にしました。

 

メーカーは「Cozylife]

生産国は中華系ですね( 一一)

 

スマホ連動体重計

 

一瞬購入するのをためらったけど、安いしスマホで健康管理できるのはいいかなと。

それにdポイントだし。

 

ちょっとdポイントのことで、話が飛んでしまうけど、もしドコモ携帯を使っていてdポイントがどのくらい貯まっているのか、ここ最近確認していないならばチェックしたほうがいいです。

 

私も何の気なしに暇なときに確認したら期間限定ポイント3,000円分が入っていて、もうちょっとで期限切れで消去されるところでしたから。

 

dポイント確認方法は別記事にまとめました。

 

 

中華系の体組成計だけど、どのくらい使えるのか試してみたかったので購入です。

体組成計は通販だとかなり安く手に入ります。

 

この前、近くの家電量販店に暇だったから見てきたら、体組成計が意外に高いということに気づきました。

 

なんでこんなに高いのか??

これならネット通販でぽちったほうがかなりお得です。

 

参考までに楽天やアマゾンの値段比較できるようにリンクを貼っておくので参考にしてみてください。

 


 

足を乗せる部分にあまり無駄な突起物がないタイプを選びました。

 

スマホ対応体組成計

 

この表面の花びらみたいな模様がうちのカミさんも気に入ったようで一緒に選びました。

 

余計な突起物があると掃除がしにくいでしょ?

ゴミが挟まったり…

 

それに厚さも2センチ弱と本当に薄いのでちょっとした隙間があればスッと下に入れることができるので邪魔になりません。

 

安い体重計

 

すごい薄いです。。

 

 

あとは、この花びらの模様の上に乗るだけです。

 

スマホ 体組成計

 

乗れば勝手に電源が入って体重やBMI、筋肉量など測定してくれて、下りれば勝手に電源OFFになるので、何もスイッチ類が存在していません。

 

すごいシンプル構造。

 

体組成計 おすすめ

 

電池は単4電池3つ使います。

最初からセッティングされているので自分で購入する必要なし。

 

スマート体組成計

 

スマホにアプリを取り込むときも、取説にQRコードがあるのでスマホに簡単に取り込むことができます。

 

体組成計アプリ

 

アプリは「AIFit」というやつ。

 

メールアドレスとパスワードを設定して新規アカウントを作ればすぐにデータが取れます。

 

さっそく乗ってみましょう!

 

アプリを起動して体組成計に乗ればBluetoothで同期になって勝手に測定開始します。

 

体組成計使ってみた

 

ちょっと50代のすね毛が映ってますが気にしないでね( 一一)

 

おおおー63.4キロか!!!

 

前より痩せたな♪

乗ってから3秒ほどで測定完了です。

 

スマホ 体重計

 

あとでアプリを見てみると、ちゃんとデータ保存されていました。

 

体重・BMI・体脂肪率のほかにもこんなにデータが取れます。

 

体重計おすすめ

 

筋肉量・水分・骨量・基礎代謝率・タンパク率・体の年齢・内臓脂肪レベル・皮下脂肪・標準体重…

 

表示を下にずらしていくと…

 

スマホ Bluetooth 体重計

 

体重管理・脂肪量・脂肪抜き体重・筋肉量・タンパク量・肥満レベル・体型と測定できます。

 

個人的には基礎代謝率や体の年齢・内臓脂肪レベル・筋肉量・皮下脂肪が気になりますね。

 

このそれぞれの項目もクリックすると、さらに説明されたページが出てきます。

 

スポンサーリンク

日頃の体重をグラフ化する

体重 グラフ化

 

アプリの下にある「履歴」をクリックするとグラフ化して表示してくれます。

日・週・月・年でグラフ化してくれるので、体重やBMIの変化が見やすくなります。

 

体重をグラフ化してみる

 

ちょっとあれ?って思ったのは、アプリを立ち上げて確認しているときに家族の誰かが体組成計を使うと「今までと違う体重を確認しました。データを保存しますか?」的な警告文が出てきます。

 

一瞬何のことかわからなくて「保存」をクリックしてしまったら、家族のデータが自分のスマホに登録になってしまいました。

 

結構お風呂場と距離が離れていたんだけどBluetoothで飛んだんですね。

(体組成計は1階のお風呂場に置いています)

 

ご丁寧に56キロの体重やBMIなどのデータが記録されてしまいました((+_+))

 

自分のその日のデータは上書きされてみることができません。

 

Bluetooth飛びすぎるのも面倒ですね。。。

 

まとめ

毎日この体組成計で体のデータをとるのが楽しくなってきました。

 

50代になって運動不足だし、基礎代謝率も下がってきていると思うので、こういった細かいデータはチェックしたいところです。

 

飲み会があった日とか食べすぎた日はやっぱりきちんとデータに出るようで、見事に「肥満体型」と表示されますね( ;∀;)

 

ちょっとしたことなんだけど、毎日の体のチェックは楽しいです。

体の水分量とか大事ですよね。

 

うちのカミさんも毎日体組成計に乗っているみたいです。

スポンサーリンク